旧セローで行った、四国の旅。

旧セローに乗っていた学生時代は、年に何度も四国に行っていました。
狭い狭い酷道、各地に点在する未舗装の林道、そして美しい川を求めて、テントを持って旅をしました。
今の私も、この頃とやっていることはまったく変わっていませんが・・・間違いなく言えるのは、バイクの旅の面白さを教えてくれたのが、四国でした。
今度の連休に一年ぶりに四万十川へ行くということで?今日は、その頃のお話でも(バイクもカメラも触っていないのでネタが・・・)。
フィルム時代の写真をスキャンしただけなので、ちょっと地味かも知れませんが・・・写真だけは昔からたくさん撮っています(^^)
d0085289_19562752.jpg

四国へは、大分・佐賀関から九四フェリーで渡るのがお決まりでした。
バイク込みの運賃が1500円くらいで、安かったんだよなあ・・・。
でも、九州と四国の出っ張っているところを結ぶ航路なので、フェリーに乗るまで、そして降りた後もけっこう走らないといけませんでした(+_+)



朝一番のフェリーに乗るために、はりきって前夜のうちにフェリー乗り場に到着することが多かったのですが・・・。
d0085289_204876.jpg

やっぱり、こうなります(爆笑)
今はさすがに、こんな恥ずかしいことはできないけれど、これも若さゆえの過ちです(^^;

四国に上陸すると、目的は林道を走ること!
この頃は林道を「走る」のが楽しくて楽しくて・・・今とは少し、楽しみ方も違っていたように思います。
d0085289_20121118.jpg

d0085289_2085371.jpg

d0085289_2091783.jpg

d0085289_20102290.jpg

ここは、オフ乗りにはお馴染み?、剣山スーパー林道にある「徳島のへそ」。
この国内最長の林道も、四季を通じて何度も走ったものです。
d0085289_20354710.jpg

d0085289_2095791.jpg

d0085289_2018055.jpg

春に行ったときには、「山の家」のところのトンネルで氷が張っていて、押して行ったにも関わらずズッコケました(笑)
関西にやって来て、新しいセローになってからは一度しか走っていませんが、機会があればまた走りたいな。

そして、今ほど強く意識してはいなかったと思うけれど、四万十川や仁淀川をはじめとする美しい川にも惹かれていきました。
d0085289_20262491.jpg

d0085289_20264164.jpg

d0085289_20352910.jpg

そんな川の懐に抱かれて、幾度となくテントを張り一夜を明かしました。
もちろん、夏には水泳道具持参でした(笑)
d0085289_20391995.jpg

d0085289_20393392.jpg

d0085289_20395373.jpg

d0085289_20402891.jpg

いつからか、テントも今使っているものに変わっていました(^^)
こんな場所をいくつも知っているので、四国ではキャンプ場に泊まったことは数えるくらいしかありません。
今は野宿すると動物が怖かったりして落ち着かないことが多いのですが、この頃はまったく、そんなことはなかったように思います。
これも、怖いもの知らずというか、若さゆえです・・・(--;)

そんなキャンプ好きの私でしたが、例外がありました。
d0085289_20475347.jpg

d0085289_2048711.jpg

物部村にある、「ライダーズイン奥物部」。
スーパー林道に程近い場所にあるこの宿には、オフロード好きをはじめいろんなライダーが集まり、夜は情報交換をしたり宴会で盛り上がったり・・・そんな雰囲気が気に入って何度も利用しました。
そんな中で、管理人のおやじさん(セロー乗り)と仲良くなって、手紙のやりとりをしたり・・・メールなんてない頃です(--;)
あるとき、大雨で連泊を余儀なくされそうになったときのこと。
お金ももったいないし、良かったら俺の家に泊まるか?という嬉しいお言葉が(T-T)
d0085289_20552081.jpg

d0085289_2057448.jpg

女性ライダー二人組と三人で、おやじさんの家に泊めてもらい、暖かいおもてなしを受けたこと・・・今でも忘れられません。
数年後に訪れたときにはもう、管理人も辞めておられましたが、お元気かな?
d0085289_212832.jpg

おやじさんはライダーズインの関係か、あの風間深志さんとお友達で(((;゚Д゚)))、実はお願いして後日、風間さんからサインをもらってくれたのでした(T-T)
それは今でも、大切に実家に置いてあります。
d0085289_2154641.jpg

d0085289_2155892.jpg

d0085289_2161152.jpg

それ以外でも、ここに書ききれないくらい、素敵で刺激的な出会いがいくつもありました。
若かった私は、そうした出会いを旅に求めていたのかも知れません。
それから少し歳を重ねた現在は、そうした出会いに対して少し億劫になっているかな・・・。
とも思ったりもするけれど、今の自分に正直に、バイクや旅を楽しめればいいかなあと思います。


高知が母の実家ということもあって、毎年夏休みには家族みんなで四国へ遊びにやって来たものでした。
その頃の記憶は、今ではだいぶぼやけてしまってはいるけれど、セピア色の映像として私の中に確かに残っています。
そんな幼い頃の記憶や、旧セローで旅した頃の大切な思い出が、今でも私を四国に導く源になっているのだと感じています。
d0085289_2126767.jpg

今年も、この四万十川の源流点から旅が始まります。
正直言って、なんでこの寒い時期に・・・という疑問は禁じえません。
しかし、南紀の秘境探検もそうだけれど、私は流行など一切関係なし!ゴーイングマイウェイですから(^^;
今のところ天気も悪くはなさそうで、楽しみに待っています。
とりあえずはうまいこと遊休を(σ・∀・)σゲッツ!しないとなあ・・・仕事は忙しいんですけれど。
[PR]
by shibainu14 | 2008-02-03 21:58 | バイク
<< 行く。 宝物。 >>